ユーザー車検の方法


はじめてユーザー車検に行って来ましたので
ユーザー車検の方法を紹介します。
まずは運輸支局に予約をとります。
和泉ナンバーでしたので、和泉自動車検査登録事務所に予約を取りました。
ネットからでも予約できます。 自動車検査インターネット予約システム
軽自動車は、こちら
予約が完了すると、予約受付番号が発行されます。
予約した日に車で行きますが、下記の物を持参して下さい。

必要な物

●自動車検査証
●自動車税納税証明書
●自動車損害賠償責任保険証明書
●印鑑
●筆記用具(えんぴつ、消しゴム、ボールペン)

運輸支局で購入する書類(1セットになっています)

●継続検査申請書
●自動車検査票
●点検整備記録簿
●自動車重量税納付書

運輸支局にて検査にかかる手数料、自動車重量税を支払います。
自動車損害賠償責任保険が次の車検まで足りない場合は、一緒に支払います。

各書類の記載例

継続検査申請書

この書類の上半分は≪えんぴつ≫で下半分はボールペンで記入します。
●一番上の有効期限 のところは乗用車なら4と記入します。
●持参した自動車検査証を見ながら、登録番号、車台番号を記入し 下半分のところの申請人の欄には、使用者の名前、住所、押印
●受検者の欄には検査を受けに来た人の名前、住所
●最後に日付けを記入します。

自動車重量税納付書

この書類は、ボールペンで記入します。
●持参した自動車検査証を見ながら記入します。
●納付税額は、重量税を支払うと下に印紙が貼ってありますので、その金額を記入します。

自動車検査票


●登録番号、原動機の型式、車台番号、走行距離(下2桁は切捨て)を記入します。

点検整備記録簿

※字が見えにくい場合は、画像をクリックすると拡大表示されます。

●点検整備記録簿以外の書類は、運輸支局で書き方のサンプルを置いていますが
点検整備記録簿に関して書き方のサンプルがありません。
●車に該当しない項目や、テスタ等での計測は空白にしておきます。
書類が完成すれば、受付にて下記書類を提出し、書類の確認をしてもらい 車でコース場に行きます。
●自動車検査証
●自動車税納税証明書
●継続検査申請書
●自動車検査票
●自動車重量税納付書
●点検整備記録簿 コース場で並んでいる間に、 灯火類 、ウォッシャー&ワイパーの作動
車台番号、ハイフレヤー(発炎筒)、ホイールナットの締め付け具合を点検されます。
ホイールキャップが付いている場合、事前に取り外しておきましょう。
コース場では、
●スピードメーターの検査
●ヘッドライトの検査
●ブレーキの制動力
●下周り
●車枠、車体の緩み(地震が起きたかの様に揺らされます)
●ハンドルの操作具合
●排ガスの状態(CO,HC濃度) CO,HCの測定以外は、ずっと車に乗ったままで大丈夫です。
各検査した結果は、自動車検査票を機械に差し込むと記載されます。
全ての検査に合格しているか最後に確認をしてもらい 事務所の受付に行き、下記書類を提出します。
●自動車検査証
●自動車損害賠償責任保険証明書
●自動車税納税証明書
●継続検査申請書
●自動車検査票
●自動車重量税納付書 しばらく待っていると、下記書類が手渡されます。
●新しい自動車検査証
●検査標章
●自動車損害賠償責任保険証明書
●自動車税納税証明書 検査標章を張り替えて終了です。