自作LED

自作LEDの作り方や回路のテストに使える物を紹介します。
簡単にできるように自作LEDの作り方を勉強しました。
このページを見て、LEDの自作にチャレンジして下さい。

使用した材料 あれば便利な物
1.基盤
2.LED&レンズ
3.定電流ダイオード
4.ハンダごて
5.ハンダ
6.リード線
7.カッティングシート
テスト用のマルチACアダプター
(交流を直流に変換)ホットボンド
最初に自作LEDを作る場合は、抵抗を使うより、定電流ダイオードを使うべき
回路を設計するにあたり、抵抗を使うよりかはるかに計算が簡単です。
とりあえず、抵抗を使った計算方法を紹介
計算方法
R=(Vcc-VF)/IF
R:抵抗値
Vcc:電源電圧
VF:LED順電圧
IF:LED定格電流
例LED2個(白、青系) 例LED5個(赤、黄系)
Vcc=13.5V
VF=3.5V×2個=7V
IF=20mA
R=(13.5-7)/0.02
R=325Ω
Vcc=13.5V
VF=2.0V×5個=10V
IF=20mA
R=(13.5-10)/0.02
R=175Ω
車・バイクの12V電源は11~14V程度に
変動する事を考え、VFにも誤差があり・・・
っと、細かい事を考えていると頭がパニックになる為
定電流ダイオードを使いましょう。
(+)=アノード (-)=カソード CRD=定電流ダイオード ☆=LED
VF=3.0Vの場合白、青系
(+)━CRD━☆━☆━☆━(-)
VF=2.0Vの場合赤、黄系
(+)━CRD━☆━☆━☆━☆━☆━(-)
回路を作る際の注意点
定電流ダイオード(CRD)を使う理由は、一定の電流が流れるからです。
白や青のLEDは直列に2個繋ぐのが理想的。
赤や黄のLEDは直列に4~5個繋ぐのが理想的。
LEDが少ないとCRDが発熱します
LEDが多いと電圧不足になる場合があります。
作業の注意点
車検がある車やバイクは、テールの明るさの4倍がストップの明るさ
にならないと車検が通らない可能性があります。改造により生じたいかなる損害にも
一切責任を負いません。
また、改造の成功を保証するものでもありません。
材料紹介
ユニバーサル基盤
片面のガラスエポキシが加工しやすく使いやすい
オークションで購入可能。
LED
種類は色々ありすぎます。
チップLEDやFLUX LEDがあり、定格電流150mAの物もあります。
購入する際は、順電圧(V)定格電流(mA)や明るさ(mcd)
角度(°)に注意しましょう。
+と-の極性があります。取り付けに注意しましょう。
長い方が+です。
オークションの場合はだいたい数十個単位で売られています。
定電流ダイオード
20mA、18mA、10mA、15mAがあり今回使うLEDの定格電流が20mAの為
20mAのみ使用しています。+と-の極性があります。取り付けには注意しましょう。
信頼できるメーカーは石塚電子製です。
オークションで1個単位で買えると思います。
ハンダごて&ハンダ
リード線
ホームセンターで購入可能です。
カッティングシート(銀)
ホームセンターでメーター売りしています。
私は10cmで78円でした。
マルチACアダプター
家庭用AC100Vを車やバイク用のDC12Vに変換します。
ホームセンターで売っています。アダプターの先に配線を繋ぎ、クリップを付け
配線を挟んで
テストできるようにしました。