オーバーヒート

オーバーヒートとは、エンジンが高温になり、
冷却水ではエンジンが冷やせなくなり
そのままにしておくと、エンジンが焼き付いて止まってしまいます。
オーバーヒートにならない為にも、信号待ち等で水温計の指針を、
確認する癖をつけておきましょう。
CとHの間が正常値です。
H側に近づいてきたら、オーバーヒートになる危険性があります。

オーバーヒートかなっと思ったら
まず、急発進等でエンジンの回転を上げないで下さい。
エアコンをOFFにします。
安全な場所に車を止めます。
水温計がCとHの間より上のままで、
エンジンをかけたまま置いておいても
水温計が真ん中まで下がってこない場合、車を動かさずに
必ず、整備工場に点検してもらいましょう。
自分で点検できる範囲
まず、ボンネットを開けて冷却水の漏れが
ないかをみます。次にリザーバ・タンクの量をみて
入っているようでしたら、ラジエターキャップを開けて
中をのぞき、冷却水が入っているかを点検します。
この時、キャップを開けると中から勢いよく高温の
冷却水又は蒸発した空気が出てくる可能性があります
のでヤケドには注意して下さい。
キャップには圧がかかっている為、厚いタオル等で
抑えながらゆっくり開けて下さい。
リザーバー・タンク、ラジエターに冷却水が入っていない
ようでしたら、水を補給します。
エンジンをかけて、水温計の針がCとHの真ん中であれば、
しばらくは、走行が可能ですが、水温計に注意しながら
整備工場に持って行きましょう。
オーバーヒートの主な原因
ホース類からの漏れ
ラジエターからの漏れ
冷却水を循環させるウォーターポンプからの漏れ
サーモスタットが開かない
ラジエターの電動ファンの不良
電動ファンの不良だけなら、近くの整備工場まで
自走可能と思いますが、激しい漏れやサーモが
開かない等の場合は、なるべくJAF等を呼んだ方が無難です。
道の真ん中で動かなくなって、渋滞の原因にもなり
事故になる危険が考えられます。
私も経験がありますが、冷や汗をかきながら整備工場まで
運転した事があります。