VISTAのキーボード不具合

無償でVISTAにアップグレードできるノートパソコンを購入して

VISTAにアップグレードしたものの、キーボードに不具合が発生。

その対処方法を紹介します。

不具合とは、日本語キーボードとして認識されない場合です。

入力するキー 表示される文字
@
[スタート]ボタンをクリックし、[コンピュータ] を
マウスの右ボタンでクリックし、
表示されるショートカットメニューより [プロパティ] をクリックします。

システム画面の左側に表示されるタスク一覧から
[デバイス マネージャ] をクリックします。
管理者パスワード、または確認のメッセージが表示されたら
[続行] をクリックします。


リストより [キーボード] の左側に表示されている
プラス記号 (+) をクリックして展開します。


展開して表示されたキーボード デバイス名を
ダブルクリックし プロパティを開きます。


ドライバ] タブをクリックし 表示される画面で
[ドライバの更新] ボタンをクリックします。


[コンピュータを参照してドライバ ソフトウェアを検索します]
をクリックします。

[コンピュータ上のデバイス ドライバの一覧から選択します]
をクリックします。


[互換性のあるハードウェアを表示] のチェック ボックスをオフにします。

[モデル] ボックス内をスクロールして
[日本語 PS/2 キーボード (106/109 キー)] をクリックし
[次へ] ボタンをクリックします。


ドライバの更新警告画面が表示される場合は [はい] をクリックします。


次のメッセージが表示されたら [閉じる] ボタンをクリックします。
ドライバソフトウェアが正常に更新されました。

[OK] をクリックし [デバイス マネージャ] を閉じます。
Windows Vista の再起動を求められる場合は
コンピュータを再起動します。


この記事についてのツイート

投稿日: 2007-05-06 ,pm 2:19
カテゴリー: 不具合.
タグ:, .
コメントフィード : Comments feed

コメントをする

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.